人の話は空の果て

仕事場の窓からおっきな鶴の巣が向かいの建物
の屋根の上に見える。毎年春の終わりにペアが
一組やって来て、オスメスの舞いを見せ、喉を
ケタケタ鳴らし、卵をかたくなに温め、生まれ
たヒナにせっせとエサを運び、自分らと体の大
きさが変わらないほどまでに育った甘えん坊た
ちに飛行を教え、秋の入口に旅立ってゆく。

表面実装の能力

SMTとは何か?
SMTの正式名称は、Surface Mount Technology(表面実装技術)です。またSMTは、基板、部品及び部品を実装する技術全般を指します。良好な結果と効率の高さから、SMTは部品実装プロセスの主要な方法です。


部品実装




過去には、主に穴挿入部品を実装するためにスルーホールを使用していました。しかし、SMTは表面のパッドに直接はんだリフローする方法で、以前の穴を使う実装方法を置き換えました。そして今では、コンピュータ、電気通信、スマートフォン、家電製品などのすべての電子産業界で、SMT実装技術で製造された基板が普通に見られますwave soldering machine。SMT実装の一般的なプロセスは、はんだペースト印刷、部品マウント、リフローはんだ付け、AOI(画像検査機)、またはX線検査があります。


SMT実装




SMT実装のメリット
● 小型軽量


SMT技術を使用して基板に部品実装することで、基板の寸法と重量を減らすのに役立ちます。この方法によって、限られたスペースに、より多くの部品を配置することができ、コンパクトな設計と優れた性能を実現することができます。


● 高い信頼性


試作で回路が確定された後、SMT実装工程全体が高精度な装置でほぼ自動化され、手作業によるミスを最小限に抑えることができます。自動化により、SMT技術は基板の信頼性と安定性を保証します。


● コスト削減


SMTは通常、自動化された装置で実現されます。装置の導入には高額な先行投資が必要ですが、自動化によって、生産効率を大幅に向上し、SMT生産工程での手作業を減らし、長期的に人件費の削減に役立ちます。また、スルーホール実装よりも使用する材料が少なく、コストも削減されます。


基板実装




PCBGOGOのSMT実装能力
PCBGOGOは、完全にコンピュータ化された量産のためのSMTラインを持っています。小ロットの注文、試作品、複雑な部品については手はんだも可能です。私たちは、FR-4基板、アルミ基板、フレキシブル基板、リジッドフレキ基板など、多くの基板種類の実装に対応致します。SMT実装以外でも、BGA実装、スルーホール実装、および混合実装などの他の実装も可能です。SMTを発注する際には、以下のファイルをご用意ください。ガーバーファイル (基板製造に使用)、BOM (部品表)ファイル、座標ファイル。





PCBGOGOにはSMTオーダーのターンキーサービスを提供する専門チームがあります。 当社のエンジニアは基板製造とSMT基板試作の両方に精通しています。部品支給で有っても、私たちが部品購入する場合でも、すべての部品とSMTプロセスを厳重に検査し、あなたの設計とご要求に対応致します。


TAG:
小型軽量
 高い信頼性
 コスト削減

おうちでエステレベル! 時短の最強スキンケアコスメ ③

◆肌のガンコなうるおい不足にはreenex膠原自生價錢、“塗るだけ”の「パワフルな保湿アイテム」を投入




季節の変わり目は、肌が不安定になる女性も多く、スキンケアの基本である「保湿ケア」の重要性に、改めて注目したいタイミングreenex 膠原自生價錢。ガツンと保湿をするならば、パワフルな保湿を謳っているコスメをデイリーケアに投入するのが、時短ケアの基本です。




登場して以来、根強いファンが多い「うるおい玉」が、この秋パワーアップ。




大人のための本気のエイジングケア(※年齢に応じたうるおいケア)を目指すLITSリバイバルシリーズから登場の新商品「リッツ うるおい玉 EGF」はreenex 膠原自生價錢、従来品からの「植物幹細胞由来成分(※保湿成分)」に加え、「EGF(※ヒトオリゴペプチド-1・整肌)」を配合したのが特長。フリーズドライされている美容液を、化粧水で溶かして使うから、フレッシュな塗り心地です。




ガンコな乾燥に悩んでいる人は、こちらのケアのあとに、過去に紹介した同シリーズの「リッツ リバイバル オーバーナイトセラム」によるナイトマスクケアもプラスすると、おうち美容でワンランク上の濃密保湿に…♡




「うるおい玉」と「リバイバル オーバーナイトセラム」をダブル使いした翌朝の私の肌は、まるでエステ帰りのようにつややかな手触りを感じていて、メイクのりもスムーズに。




夏から秋に変わる今は、肌不調に悩む女性も多い時期。デイリーケアのアップデートでぜひ、時短ケアを取り入れた「最短美肌」を狙ってみて。




其它欄目:
meow-girldiary.blogspot.com

カロリー・レコーディングはダイエットの敵? その理由を科学的に説明


ダイエットの手法として、カロリー・レコーディングを信奉している人もいるのではないでしょうか。たしかに、この方法はとても強力なのですが、ひとつ例外があります。この記事では、カロリーについて考えるだけで、ダイエットが台無しになってしまうかもしれないという、おそろしいケースを紹介しましょう。


運動だけで減量しようとするのは時間の無駄かもしれない、という意見がありますが、この見方を裏づける研究結果も増えています。
『Escape the Diet Trap』の著者John Briffa博士は、自身のブログのなかで、『International Journal of Obesity』誌に発表された研究に触れています。この研究によれば、食事療法なしに、脂肪を1ポンド(約450グラム)減らすには、35時間の有酸素運動が必要になるそうです。


なるほど、體脂磅食事制限なしに運動だけしても、あまり効果がないことはわかりました。でも、それはなぜでしょうか?


運動しても、そのぶんお腹が空くわけではない



ひとつの仮説として考えられるのは、運動するとお腹が空いて食べすぎてしまい、せっかく消費したカロリーを相殺してしまうというものです。『ヒトはなぜ太るのか?』の中で、肥満の原因として炭水化物を糾弾して論争を呼び、多くの不興を買ったゲーリー・トーベス氏は、こうした理屈で「運動は食欲をかきたてる」と主張しています。誰でも、思い当たる節はあるでしょう。ですから、これはたしかに信憑性のある主張といえます。でもとりあえず、科学的な研究ではどんな結果が出ているのかを見てみましょう。


『British Journal of Nutrition』誌に掲載された1997年の研究では、被験者を3つのグループに分けました。1つは強度の高い有酸素運動をするグループ、1つは強度の低い有酸素運動をするグループ、そしてもう1つは運動をまったくしないグループです。運動後、被験者に自分の空腹感の程度を評価してもらってから、ビュッフェに連れていき、好きなだけ食べてくださいと伝えました。


運動によって本当に「食欲がかきたてられる」のなら、運動をしたグループの被験者は、対照グループと比べて、空腹感が高いと回答するはずだし、実際に食べる量も多くなるはずです。ところが、どちらもそうはなりませんでした。空腹感についても食べる量についても、すべてのグループのあいだで統計的に有意な違いは見られなかったのです。


この研究は例外的なものではありません。他の複数の研究でも、同様の手法を用いた実験によって、同じような知見が得られています。それどころか、一部のケースでは、空腹感を低下させる効果すらあったのです。これは、どういう理屈なのでしょうか?


お腹が空いていなくても、人は食べすぎてしまう


理論上は、運動をすればカロリーの消費量が多くなり、空腹を感じにくくなり、減量効果が上がるはずです。でも現実には、そうはなりません。


この摩訶不思議な謎については、2つの研究により、説得力のある説明が提示されています。先ほど紹介した一連の研究と似ていますが、こちらの研究では、被験者に運動とその後の食事について、カロリーを基準に考えてもらいました。


『Journal of Sports Medicine and Physical Fitness』誌に掲載された2010年の研究では、被験者に運動で消費したカロリーを見積もらせ、そのカロリーと同じだと思う量を食べてもらいました。その結果、被験者は、実際に消費したカロリーの2~3倍にあたる量を食べてしまったのです。


別の研究では、被験者に運動をさせるほかは、いつもどおりの生活をしてもらいながら、食事日誌をつけてもらいました。その後、研究チームが食事日誌の内容をカロリーに換算しました。食事日誌を見るかぎりでは、被験者グループ全体が、おおむねカロリー不足になっているようでした。ところが、最終的に被験者の体重を測定したところ、明らかな減量の効果は見られなかったのです。


これらの研究によって明らかになったのは、被験者が食欲を抑えるはずの行動をしても、実際には減量につながらないということです。


運動量を食事量と同じ「通貨」(すなわちカロリー)に換算するだけで、人は無意識のうちに、その値を自分のなかにあるひとつの巨大な「カロリー台帳」に書きこんでしまいます。この台帳では、消費カロリーは、そのぶん余分に食べられる通貨として機能します。例えば、トレッドミルを使って30分運動をしたら、クリスピー・クリーム・ドーナツを1つ食べて良い、と頭のなかで換算してしまうのです。


ここで問題になるのは、私たちには、運動による消費カロリーを過大評価するいっぽうで、摂取カロリーを過小評価する傾向があるという点です。摂取カロリーと消費カロリーを正確に計算するスキルは、なかなか身につきません。そのため、本来なら食べるべきではないものを、食べても大丈夫と思いこんでしまうのです。


つまり、運動には生理学的に空腹感を低下させ、全体的なカロリー消費量を増やす効果があるものの、すべてを「カロリー」という共通言語で考えることで、心理学的な思いこみが生じ、実際の消費カロリーよりも多くのカロリーを摂取してしまうというわけです。


そして、フィットネスの分野では、生理学と心理学が対立した場合には、必ずといっていいほど心理学が勝利を収めます。


私には、フィットネスコーチとしての経験から気づいたことがあります。有酸素運動だけで減量に成功する人は、カロリーのことなど考えもしないという事実です。そうした人は、新たにスポーツを始めるだけで、ほとんど自然に体重が減ります。


反対に、頻繁に運動しているのに「体重計の数字がぴくりとも動かない」と文句を言う人は、たいていはカロリーにこだわりすぎています。そうした人たちは、ハードな有酸素運動を終えたあとに、スターバックスでキャラメルフラペチーノを頼んで良いだけのカロリーを「稼いだ」と考える傾向があります。
この問題を解消するには


ここで強調しておきたいのは、カロリー計算そのものが悪いと言っているわけではないということです。繰り返しになりますが、摂取カロリーの計算は、おすすめできる強力なダイエット方法です。


ですが、運動による消費カロリーを計算すると、厄介なメンタリティが生まれてしまうかもしれません。つまり、食べものを「消費したカロリーに対する報酬」と考えてしまうおそれがあるのです。ダイエット上級者なら、そうしたメンタリティもうまく機能するかもしれませんが、たいていの人にとっては失敗のもとです。


とはいえ、以下のことを頭に入れておけば、健康上の効果を手に入れ、うまくいけば運動によるカロリー消費をダイエットに活かせるはずです。