人の話は空の果て

仕事場の窓からおっきな鶴の巣が向かいの建物
の屋根の上に見える。毎年春の終わりにペアが
一組やって来て、オスメスの舞いを見せ、喉を
ケタケタ鳴らし、卵をかたくなに温め、生まれ
たヒナにせっせとエサを運び、自分らと体の大
きさが変わらないほどまでに育った甘えん坊た
ちに飛行を教え、秋の入口に旅立ってゆく。

2021年8月のブログ記事

  • 充実した人気の通信サービス!

    バリアフリー対応、英語・中国語、中国語・フランス語での接客対応、WeChat Alipayでの充電対応 学生の場合、留学当初は言語が堪能ではなく、上台優惠コミュニケーションの問題が発生することがあります。 現地オペレーターのサービスを選択した場合、現地オペレーターのカスタマーサービスとは、たどたど... 続きをみる

    nice! 0